@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

カテゴリ: 鳥取県

昨晩〆で頂いた牛骨ラーメンがとても好みの味わいでしたので、倉吉を立つ前に駅前の「べんけい」さんで再度牛骨ラーメンを頂くことにしました^^ 駅前立地なので利便性良いですね!
 
DSC_5559

店内はカウンターとテーブル席、カウンターメインのお店になるのかな? 入り口横の券売機は使われていない模様、口頭で牛骨ラーメン 塩(650円)を注文です。
 
DSC_5563

待つこと6~7分で着丼、昨晩頂いた幸雅さんより澄んだスープ色です。牛骨出汁に塩ブレンド、焦がし玉ねぎ&生みじん切りも入ってなかなか凝った塩スープになっています、若干オイリーなのが気になりました。
 
DSC_5566

麺は中細より少し細めの縮れ麺、スープに合った仕様ですね。チャーシューはバランスの良い中サイズが一枚、これは好みの味わいでした。他の具材はシナチクと青葱です。

(。-ω-)ノll 
DSC_5572

バランスの良い牛骨ラーメン 塩、豚骨にはない上品な味わいに満足、山陰名店を訪ね歩きたくなりました^^

(お店の情報)
べんけい
0858-24-6236
 

武双さんで少し呑みすぎましたが軽い足取りで〆ラーメンにお邪魔したのは「ラーメン幸雅」さん、初牛骨ラーメンになりますのでワクワクしてます^^
 
DSC_2267

閉店時間少し前に訪問、注文と同時にラストオーダーになりました!。店内はかなり広々空間、余裕の小上がり席は宵呑みに良さげです。
 
DSC_2268

注文は「なつ旨ラーメン(580円)」、待つこと5分少々で着丼、全体の色合いは少し薄めでしょうか。スープは甘めの牛骨出汁を塩で引き締めた印象、食べ慣れた豚骨に比べると上品な味わい、誤魔化しの効かないスープですがこれはばっちり好みの味わいです。
 
DSC_2272

麺は中細縮れ、ツルンとした食感で上品なスープに合っています。チャーシューは脂のバランスがいい小サイズ一枚、他の具材はシナチク・もやし・なると・青ネギ。

(。-ω-)ノll 
DSC_2275

初牛骨ラーメンですが、上品な牛骨出汁をどの素材で割るか...でお店の特徴が出るのでしょうね、幸雅さんの懐かしい味わいの牛骨ラーメン、とても美味しく頂きました(・∀・)

(お店の情報)
ラーメン幸雅
0858-26-7288
 

今日はマイレビ banさんとの二人新年会、連れてきて頂いたのは倉吉駅からも至近の「居酒屋 武双」さん、開店少し前にお邪魔しましたが既に先客さんいらっしゃいました^^;

DSC_2237

厨房前のカウンター席と小上がり席の構成、banさんとカウンター席中央に着きます。大将は丸刈りでガタイの良い方、お聞きすると相撲をされていたそう、このお店では行儀よく呑まないと駄目ですね^^

DSC_2244

まずは生ビールで乾杯、美味しい突き出し(藻貝&おから)でビールが一気に進みます。近況報告&色んな話題で最初から盛り上がります!!

DSC_2242

DSC_2239

banさんお勧めのモサエビ、刺し身で頂くとコリコリ食感の中に旨味が凝縮されています、甘みより旨味が強い海老ですね。頭と尾っぽは唐揚げにして貰いましたが、カラッと揚がってサクサク食感、美味しさを二度楽しめるモサエビ、サイコーです!

DSC_2248
DSC_2255

次は焼きレバー串とささみ串(写真失念Σ(・口・)、どちらも大ぶりな肉片、他店の3倍程度量があります! 焼きレバーは絶妙な火加減&味付け、切り替えた焼酎湯割りがどんどん進みます。この湯割りも他店の2倍程度量があります、飲み過ぎ注意ですね!

DSC_2250
DSC_2253

鯵の刺し身、これも新鮮ですね。瀬戸内の魚も美味いですが日本海の荒波で育った魚は身が引き締まって酒の肴に最良、いささか呑みすぎてしまいました。

DSC_2256
DSC_2264-b

どのアテも美味しくコスパ良好、大将の気配り目配りがスタッフさんにも繋がっていて居心地いい居酒屋さんです、他府県の方にもお勧めできる店舗さんです!

(お店の情報)
居酒屋 武双
0858-26-9441 

打ち合わせ前のランチで伺ったのはカレーで評判の高い「とんきん」さん、実は蕎麦屋さんに伺ったのですが満席&待ち行列、危うくランチ難民になる処を助けて頂きました^^; 私が入ってすぐにとんきんさんも満席、両店共に人気店のようです!!(店舗外観を撮り忘れました Σ(・口・)
 
DSC_5549-b

厨房を囲むコの字型カウンター、入り口横には長椅子、ここは待機席になるのかな、左手側の厨房が良く見える席に着きました。
 
DSC_5551

注文は「バーグカレー(650円)」、高齢のスタッフさんがテキパキと確実な手際で作ってくださいます! ハンバーグは完全手作り、フライパンで丁寧に焼いて頂けました^^; 待つこと10分少々で着皿、ルーは超サラサラ、スパイスは適度に効いています。
 
DSC_5553

厚めのハンバーグの上には半熟目玉焼きが乗っています。ハンバーグは両面焼きで香ばしい味わい、ソースは掛かっていませんのでルーと一緒に頂くのが美味しいですね^^
 
DSC_5554

しっかり煮込んだ日式カレーとは趣が異なりますが、コスパ良好でハンバーグが美味しいとんきんカレー、次回はドライカレーを頂いてみたいです!!

(お店の情報)
とんきん
0859-33-8170
 

米子オフ会で宿泊したのは米子駅前の「米子ワシントンホテルプラザ」さん、チェックイン後すぐに外出し戻ってきたのは3時過ぎ...数時間寝て朝食に訪れたのは九階にある「銀坐」さんです。夜は割烹・懐石を供されているようですが朝の朝食は当店が担当されています。窓からは米子市内が一望できる素敵な環境です!
 
DSC_4154

DSC_4134

DSC_4147

店内はいくつかの個室に仕切られていおり、お一人様なので広いテーブル席(6人掛け)に通されましたが相席になることもあるとの説明もありました。朝食は三種、和食・洋食・お粥になります。
 
DSC_4142

和朝食(1200円)を注文、待つこと4~5分で配膳です。
DSC_4137

メインは鰤幽庵焼き・だし巻き・竹輪、私は照り焼きよりも適度に脂が落ちた幽庵焼きの方が好きです。煮物は大根と烏賊、定番の味わいですが朝食向きにあっさりした味付けです。

DSC_4138

DSC_4139

DSC_4145

他には小鉢3つと焼き海苔、ご飯のお替わりは自由に出来ます。特に豪華な内容ではありませんが、軽い二日酔いの身体には丁度いい感じの内容でした^^

(お店の情報)
銀坐 (ギンザ)
0859-31-9122
 

↑このページのトップヘ