@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

2016年12月

大晦日の買い出しを終え、ランチに訪れたのは中山下の「手打そば 千喜知庵」さん。そば店の少ない岡山市内では”トポス横の老舗蕎麦”として有名な当店、数年前に改装されて綺麗になりました。大晦日なので開店20分前に到着、既に3組の方が待たれていました。
 
DSC_5284-b

店内は奥に長い構造、以前の昭和中期を感じさせた内観は一新され、お洒落な空間に生まれ変わっています。席数は少ないので混み合うと待ち時間が長くなります。
 
DSC_5263-b
DSC_5269

注文は「天せいろ(1450円)」、大盛り(200円)でお願いしました。待つこと30分少々でやって来ました、天つゆは出汁とは別になっています。

DSC_5272

蕎麦は二八の細切り、白っぽい更科仕上げ、風味は若干弱く喉越しの良いタイプです。出汁はかなり濃い味わいですね、これは関東仕様、量も少ないので先端を少し浸けてズズッと啜ります。
 
DSC_5276

天ぷらは海老・キス・茄子・椎茸・ししとう、天つゆに大根おろしを入れて頂きます。衣は薄くざるそばに合う仕上がり、美味しく頂きました^^
 
DSC_5280

これで2016年の食べ歩きも終了、来る2017年も無理のないペースで色んなお店を探訪したいと思います!!

DSC_5283


(お店の情報)
手打そば 千喜知庵 (せんきちあん)
086-223-1216
 

大晦日前日、午前中から家の掃除に精を出し疲労困憊、ランチと休息を求めに訪れたのは西大寺の「うどんだい好き 浜店」さん、ブルーライン西大寺ICから至近の立地です。
 
DSC_5242

セルフうどんになりますので入り口を潜るとラインに並び、うどん→湯煎→天ぷら・おにぎり→会計→出汁の順番で処理します。こちらは自分でテボを振る貴重なお店、私はお湯にサッと潜らす程度で留めます!
 
DSC_5256-b

今日はかけうどん 小(200円)にかき揚げ(120円)・いなり寿司(100円)を付けます。うどんの出汁は濃or薄を選べますので、薄を選択です。

DSC_5245

うどん出汁は鰹・昆布ベースで上品味わい、色は薄いですが素材の味がしっかりしています。麺は太くもっちり系、コシはそれほど強くありませんが食べ応えあるサイズですね。

(。-ω-)ノll 
DSC_5253

かき揚げは中が詰まっておりかなり強い歯ごたえ、揚げてから少し時間は経過していましたがサクサク食感で美味しかったです。いなり寿司は中サイズ、中の酢飯と揚げにはしっかり味が付いており、うどんのあっさり出汁に合う味わいでした!!

DSC_5249


(お店の情報)
うどんだい好き 浜店
086-944-1837
 

会社の大掃除を終えて同僚と年越し蕎麦を食べにやって来たのは会社至近の「そば処 甚五呂」さん。徒歩数分で到着できますので取引先さんと訪れることが大半です。

DSC_5224
DSC_5239-b

大晦日まであと二日ですがこの時節のお蕎麦屋さんやはり混んでいますね、残り一つのテーブル席に何とか滑り込みました^^
 
DSC_5228-b

注文は「天丼そば定食(1550円)」、今日は配膳まで30分近く掛かりましたが同僚とのんびり話をしながら待ちました。甚五呂さんで温蕎麦を頂くのは3年前のニシンそば以来です!

DSC_5233

細切り二八そばはあっさりした出汁の中でたおやかな状態になっています、放っておくと伸びが進みますので手早く手繰ります。ざるそばもいいですが寒い時節のかけそばは身体が温まりますね(*^^*)
 
DSC_5237

天丼は海老2尾・ししとう・大葉・海苔とシンプルな構成、出汁も濃くなく爽やかな味わい、かけそばとの相性もいい感じです。

DSC_5235

今年も無事に年越しそばを頂けることに感謝であります^^


(お店の情報)
そば処 甚五呂 (そばどころ じんごろう)
086-253-9706

今日も倉敷市で打ち合わせ、夕方に取引先さんとラーメンを食べにやって来ました!。薄暗いアーケードが素敵な倉敷デパート近くにある「第二又一」さん、十数年ぶりの訪問、以前の記憶がほとんどないので新鮮な気持ちで入店です。
 
DSC_5195
DSC_5196

店内はカウンター席のみ、厨房前が空いていましたので真ん中辺りに座を構えます。右端のお客さんが冷水機の水をサーブしてくれます、有り難いことですじゃ^^
 
DSC_5199-b

注文はデフォの又一そば(600円)、以前はご年配の夫婦で営まれていましたが今日は若いスタッフ(息子さん?)さんが作ってくださいます、待つこと5~6分で着丼です。スープは岡山ラーメンの茶濁ではなく照りのある黒色...迫力ありますね^^; 岡山市内の老舗「浅月」さん級の濃い味わいを想像し身構えましたが、当店の豚骨醤油スープあっさりして癖のない味わい、甘みがないのでごくごく飲んでもスッキリしています。黒さ加減で言えば、岡山市内の「だてそば」さんに次ぐ2番手でしょうか!!
 
DSC_5201

麺は細ストレート、加水率は低め、細麺でものび難い仕様ですが若干ボソボソとしています。チャーシューは2片の塊、9割が脂身でしっかり煮込まれても歯応えありました。他の具材は細もやしと青ネギ...黒いスープは迫力満点ですが昔懐かしいあっさりスッキリスープは好まれる方が多いと思います!!

(。-ω-)ノll
DSC_5204


(お店の情報)
第二又一 (第2又一 だいにまたいち)
086-425-6107
 

今日は倉敷市内で打ち合わせ、午前の部を終えてランチに訪れたのは美観地区内にある「備中手打ちうどん おおにし」さん、10時開店なのが何気に嬉しいですね。休日は観光客で賑わう美観地区ですが師走のウィークデー、冬晴れでも閑散としています。
 
DSC_5152
DSC_5175

店内は四角い構造、テーブル9つで30席、11時半頃で先客9名さん、人気店なのでこれから増えてくるのでしょう。
 
DSC_5157-b

注文は「ぶっかけうどん&鯖寿司(1000円)」、本来は鯖寿司ではなく”ままかり寿司”なんですが、ままかりの入荷ないとのことで鯖寿司にチェンジです。待つこと10分弱でやって来ました、ぶっかけうどんは温出汁ですので満遍なくふり掛けます。
 
DSC_5161

うどんは若干平打ち仕様ですが適度なコシがあり、麺自体にしっかり旨味があります!。温出汁は濃い目の鰹ベースでこのうどんに良くあってますね、薬味の生姜と合わさって好みの味わい、とてもレベルの高いぶっかけうどんに思います。
 
(。-ω-)ノll 
DSC_5174

鯖寿司、大きな切身で上品な酢の効かせ方、シャリはネタに比べて小さめですがこちらも上品な酢飯になっています。2貫でしたが、これはもっと欲しくなる味わいでした^^

DSC_5166


(師走 冬晴れの美観地区)
DSC_5180


(お店の情報)
備中手打ちうどん おおにし (オオニシ)
086-422-8134
 

↑このページのトップヘ