@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

2016年10月

同僚とウィークデーランチにやって来たのは津島本町の「孔明」さん、岡山大学津島キャンパスの西敷地に隣接しています。駐車場は店舗前に3台確保されています。
 
DSC_4110

店内は薄暗い照明、カウンター席とテーブル席の構成、日本酒・焼酎もかなりの銘柄を在庫されていますので夜は居酒屋利用が多いのかもしれませんね。
 
DSC_4102-b

注文は日替わり(700円)、待つこと5~6分で配膳です。今日のメインは青椒肉絲、卵スープ・シュウマイ・春巻き・サラダだと種類豊富です^^

DSC_4105
DSC_4108

青椒肉絲の野菜は細切りされておりシャキシャキ食感、味付けはあっさりで肉と野菜本来の味をしっかり楽しめます。副菜もしっかり作ってあり、安価な日替わりとしてはレベル高いです、ご馳走様でした!!


(お店の情報)
孔明
086-251-3999
 

晴天の休日、牛窓の旧街道を歩きにやって来ました。散策前の早い時間帯でお邪魔したのは「キッチン かいぞく」さん、休日は観光客で賑わう当店ですが、10時台はさすがに閑散としています。
 
DSCF1131

店内はテーブル席とカウンター席、先客なしでしたので窓際の特等席に着きます。海賊系の小物がそこかしこに展示されていますね、海賊船は大中と2サイズが展示されていましたよ!!
 
DSCF1133-b
DSCF1134

注文は名物の「かいぞくカレー(700円)」、待つこと10分弱でやって来ました。ルーは果物をしっかり入れてじっくり煮込んだタイプ、濃厚な味わいの中に果物の甘みがしっかり出ています。

DSCF1137

ポークは塊でたくさん入っています、しっかり煮込まれた塊の中に旨味が閉じ込められていますね。スパイスは控えめ、辛くはないので子供さんでも大丈夫なかいぞくカレー、美味しく頂きました^^

DSCF1142


(お店の情報)
キッチン かいぞく
0869-34-4741
 

今日も笠岡市内で打ち合わせ、ランチ場所は福山駅から徒歩圏内になります。異常な暑さも少し落ち着いてきましたので歩くのが楽ですね、5~6分歩いて「笠岡や」さんに到着、正面から見ると青々した蔦でお店の外観がよく分かりません^^; 廻り込んで横から拝見すると佇まいがとても素敵な昭和食堂さんです!!
 
DSCF3606
DSC_4083

店内は奥に長い構造、カウンター席とテーブル席、装飾は少なく落ち着いた雰囲気に満ち溢れています! 入り口横におかずケース、魚系が充実した内容になっていました。
 
DSC_4073
DSC_4071

一品おかずに飯・味噌汁を選択する予定が何故か「焼飯(600円)」を注文、大将が厨房で丁寧に作ってくださいます。待つこと7~8分で完成、ステンレス洋皿でやって来ました。

DSC_4078

野菜メインの具材になっています、醤油系調味料でしっかり味付けされており濃いめで香ばしい味わい、昭和食堂の焼飯をしっかり堪能させて頂きました^^


(お店の情報)
笠岡や
084-924-5625

同僚と3人でランチに訪れたのは先月オープンされた「奉還町4丁目ラウンジ・カド」さん、会社から徒歩7~8分の距離にあります。前が何のお店だったかの記憶はありませんが、随分前はパン屋さんだったようです。木製格子のモザイク模様が素敵な外観です^^

DSC_4087

店内はかなりオープンは雰囲気、真ん中に集合テーブル・両脇は簡素な木製テーブル、厨房前の棚には色んな本が格納されています!! レコードが流れる店内は時間の流れが多少緩やかですね。
 
DSC_4099-b
DSC_4100

10月末時点のメニューは一点のみ、「ルーロー飯プレート(700円)」になります。ご飯の上には豚ひき肉、周りにはパクチーやきゅうり漬け・ゆで卵・茄子煮等々がのっています。味付けはシンプルで唯一濃い目なのは茄子煮でしょうか。
 
DSC_4090

台湾屋台でよく見かける本場魯肉飯とは違い、日本人向けに食べやすくした創作魯肉プレートです。メニューは今後順次増えていくようです、個人的には甘辛い鶏肉飯が嬉しいかな^^;


(お店の情報)
奉還町4丁目ラウンジ・カド
086-236-8326
 

午後からの打ち合わせに備えてまずは腹拵え、福山駅北口からとぼとぼ10分ほど歩いてやって来たのは大黒町の「一福食堂」さん、レンガタイルと橙白の渋い日除けが特徴の昭和食堂さんです。この辺りは道幅広く閑静な旧市街といった趣がありますね!
 
DSC_4070

店内もしっかり昭和が入って居心地いいです^^ テーブルは5席ありますが半分も埋まればかなり窮屈な印象です。12時少し前でしたが先客さんお二人がビールを美味しそうに呑まれていました...羨ましい...!!
 
DSC_4057

注文は中華そば(430円)、大将がちゃきちゃき調理くださり6~7分で着丼、見た目ワイルドな昔ながらの中華そばです。スープな醤油豚骨、若干の節も舌に感じました。

DSC_4060

麺は中細ストレート、デフォで少し軟らか目、チャーシューは厚みがあり食べ応えあるサイズが2枚、野菜(キャベツ・もやし・玉葱・青ネギ)は炒めてから投入していますのでスープに若干のアクが出ています。
 
(。-ω-)ノll 
DSC_4062

ゆったりした時間の中で頂く昔ながらの中華そば、身も心も温まる昭和食堂さんでした^^


(お店の情報)
一福食堂
084-923-1925
 

↑このページのトップヘ