@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

2016年04月

笠岡ベイファームでポピー畑を見学、全面真っ青...Σ(・口・) まだ少し早かったです、見頃は5月中旬でしょうか。その帰路に立ち寄ったのは「たかたのたまご」さん、笠岡市北部丘陵地帯にある卵販売のお店です。
 
DSC_0702

店内では新鮮卵の他にパンやお土産物・焼き菓子等も販売されています。お目当ては新鮮卵で作る卵かけごはん、レジで食券(木型のニワトリ)を購入し、奥のテーブル席で配膳を待ちます。
 
DSC_0721
DSC_0722

卵かけごはん(300円)、新鮮卵・ご飯・味噌汁・お新香になります。

DSC_0709

卵を割ると...黄身が濃いですね、オレンジ色してます!!。プクッと盛り上がった黄身は新鮮な証ですね!! 

DSC_0712

箸でぐるぐるかき混ぜ、テーブル備え付けの”卵かけ醤油”を掛けて頂きます...うん、美味しいです(*^^*) 黄身の味がかなり濃く、とても濃厚な卵かけごはんです。

DSC_0714

ご飯・卵のお替わりは何度でも出来るようです、みなさんガッツリお替わりされていましたよ^^;

(笠岡ベイファーム ポピー畑)
DSCF0231
DSCF0263


(お店の情報)
たかたのたまご
0865-65-1577
 

連休初日、今日はのんびりドライブしながら笠岡ラーメンを食べにやって来ました!! 交通量の多い農道沿いに佇む笠岡ラーメンの老舗「ラーメン一久」さん、広島県境に近い立地ですね。紫外線で退色した日除けが貫禄の風情を漂わせています!!
 
DSC_0700

店内はカウンター席と窓際の小上がり席、カウンターが混んでいたので小上がり席にしましたがかなり狭いです^^; こちらはカウンター席の方が広々して食べやすいと思います。
 
DSC_0682-b

注文は中華そば 並(600円)、高齢の大将が丁寧に作って下さいます。6~7分で着丼、娘さんがテーブルまで運んでくれました。スープは鶏ガラ醤油、醤油が勝ったシャープな味わいです。

DSC_0684

麺は中細ストレート、デフォでかなり軟らかいです、硬めで注文するのが正解です。麺の量は並でもかなり多いですね、通常の1.5玉程度でしょうか!。かしわチャーシューは歯応えよく量もしっかりあります。他の具材はシナチクと青葱、青葱は辛いタイプです。
 
(。-ω-)ノll 
DSC_0692

超ベテランの大将が作る正統派笠岡ラーメン、しっかり堪能いたしました^^


(お店の情報)
ラーメン一久 (らーめんいっきゅう)
0865-66-0611
 

今日は朝から霧雨、傘をささずに出ると短時間でも全身びしょ濡れになります^^; 美味しいうどんを頂きにやって来たのは建部町の吉崎製麺所さん、福渡駅から至近であります。朱色の懸垂幕が誇らしげですね、駐車場はお店の少し北側、道路向かいに3~4台駐められます。
 
DSC_0658

店内は明るく近代的な造りになっています、テーブル席メインですが厨房前にはカウンター席もあります。カウンター席上部にはおにぎり・げそ天の小皿が置いてありました。
 
DSC_0662

注文はざるうどん(500円)・おにぎり(2個 150円)、待つこと6~7分でやって来ました。

DSC_0669

うどんは平打ちでコシは弱くもっちりした麺です、出汁は昆布+鰹でしょうか、うどんに合ったタイプで全体的に優しい味わいですね。薬味は大根おろし・山葵・青葱、小皿にはキュウリの浅漬がありました。
 
DSC_0672
(。-ω-)ノll
DSC_0673

おにぎり、三角型は梅干し・俵型は青菜、どちらも手作り感に溢れた味わい、添加物ないのでしっかり粘りがあり美味しく頂きました!!

DSC_0665
 

(お店の情報)
吉崎製麺所
0867-22-0212
 

昨夏から暫く休業されていたつる家さん、年明けから夜だけ営業を再開されました。業態は居酒屋色がかなり強くなっていますが中華そばも頂けます。店舗は営業されていてもスープが切れると居酒屋メニューだけになりますので要注意です!!
 
DSC_0657

店内はカウンター席とテーブル席、少し雑然とした雰囲気、カウンター席にはおつまみ類が沢山ありました^^; お邪魔したのは早い時間帯でしたが居酒屋利用のお客さんで賑わっていました!
 
DSC_0650

注文は中華そば(600円)、待つこと7~8分で着丼です。スープは豚骨醤油+魚介のW仕様、以前頂いた時には魚介(節)系がかなり強かったですが今回は豚骨醤油が勝っています、背脂少々浮いていますがしつこくはありません。

DSC_0652

麺は中細ストレート、デフォで若干軟らか目、黄色が強く表面ツルツルタイプです。脂身の少ないチャーシュー一枚、シナチク・わかめ・青葱の具材です。

(。-ω-)ノll 
DSC_0655

昨夏より何度も伺ってやっと食べられたつる家さんの中華そば、感涙に咽びながら頂きました(。-ω-)ノll


(お店の情報)
中華そば つる家
086-238-2456
 

朝から湿度が高く午後は雨予報の中をランチに訪れたのは表町の「中華石鍋 福縁」さん、こちらは以前”トンテキ ブリス”さんがあった場所ですね。同じく中華料理 百福さんが至近距離にあります。赤い庇&提灯で遠くからでも目立つ外観です!!
 
DSC_0625

内観は”トンテキ ブリス”さん時代と変わっていないでしょうか、入り口近くのカウンター席・奥はテーブル席と小上がりになっています。全体的に照明は暗めで落ち着いた雰囲気です。
 
DSC_0629

店名の石鍋料理は夜だけみたいです、ランチのセットメニューはいくつか用意されていますので、その中から「炒飯・らーめん定食(790円)を注文、待つこと7~8分でやって来ました。

DSC_0634

らーめん、スープは鶏ガラ醤油+α、鰹系も加わっているように思います。濁りがあり和風味が感じられました。麺は中細ストレート、デフォで硬め、スープに馴染まないタイプです。チャーシューは大きなサイズが2枚、歯応えしっかりした焼き豚です。他の具材はシナチク・もやし・青葱、スープが若干少なかったのが残念です。
 
DSC_0637


(。-ω-)ノll
DSC_0646
 
炒飯はしっかり量がありました、恐らくハーフサイズでなはくフルサイズでの提供なのでしょう。注文後フライパン&お玉音がシャカシャカしていましたので作りたてでの提供、パラパラタイプでシンプルな具材と味付けは好みです。これでしたら単品での注文も有りだと思います^^

DSC_0640


(お店の情報)
中華石鍋 福縁
086-224-8098
 

↑このページのトップヘ