@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

2015年08月

8月22日にオープンされた「TUKTUK Cafe」さんでランチ頂きました、場所は旭軒さんの斜向かいになります。元はひまわり靴店さんがあった場所になるようです! 木目を活かしたお洒落な外観ですね。
 
DSC_2764

入り口を入ると手前にイベントルームが有り、その脇通路を抜けてダイニングエリアに向かいます。手前が土足OKのテーブル席、奥が靴を脱いであがるカウンター&テーブル席になります。綺麗にリノベーションされた店内はとても落ち着く空間になってます!!
 
DSC_2759-b

ランチメニューは2種、「気まぐれランチセット」「気まぐれスイーツセット」、どちらも1000円になります。当日のメニューはタコライス風ドライカレー、透明な大きな器の下部にはご飯、その上にドライカレー、最上部はトマト、周りはレタスの構成になっています。スプーンでしっかり混ぜて頂きます、豆が沢山入っておりボリューム的には十分な量がありますね。ドライカレーはしっかり本格派、辛くはありませんが丁寧に作られています。レタスのシャキシャキ感が素敵なアクセントになっており、好みのドライカレーでありました。
 
DSC_2761

元のひまわり靴店さん、大学生時代(とんでもなく昔です)に当時の岡山ではまず見ることのない「ジョンストン&マーフィー」を置かれていました。貧乏大学生に購入できる価格ではありませんでしたが、丁寧に接客して頂き&手にとって見ることが出来ました。当時の店主(息子さん?)さんには感謝ですね^^

jm244932_01


(お店の情報)
TUKTUK Cafe
086-259-5329
 

久々に息子と酔呑みに訪れたのは新保のハルピンさん、三浜町のお店は息子さんが運営されています。新保のお店は先般大将が亡くなられ、現在はお母さん主体で営業されています。紫外線で焼けた日除け看板が老舗中華の雰囲気を醸し出しています。
 
DSC03336-b

店内は厨房前のカウンター・四人掛けテーブル・小上がり席とフルラインナップ、メニューは驚くほど多く、これはお客様からの要望をどんどん実現していった結果だそうです^^;
 
DSC03338

お約束の生中と手早く出来るずり唐揚げでスタート、その後好き勝手に自分の好みをお願いします。鶏唐は大きな塊が7~8個、油切れがとても良くカラッと揚がっており本当に美味です。麻婆豆腐は日本向けの少し甘い仕様、私一人で食べるなら激辛にして貰うのですが、まぁ仕方ありませんね。
 
DSC03343

DSC03341

DSC03348

DSC03352

八宝菜は具材が大きく、烏賊もたっぷり入っています。野菜はシャキシャキ感があり海鮮系具材との絡みもバッチリです。〆ラーはオーソドックスな中華系鶏ガラ醤油スープ、癖のない王道の味わいでした。寝酒用に持ち帰った焼きビーフン、量も多く焼酎のアテに最適でした!!
 
DSC03354

DSC03344

DSC03363

急逝された大将とは36年前、岡山駅前で営業されていた北京料理 八仙閣(閉店)で知り合いました。四半世紀を超える繋がりはこの先も途切れることなく続きます!
 

P.S カウンターで見つけた透明な漬け瓶...画像は決して拡大しないでください...
DSC03356


(お店の情報)
ハルピン
086-243-0237
 

天候不安定な8月終盤、休日ランチに訪れたのは西大寺 五福通りの茶蔵さん4年ぶりの訪問になります。この五福通りは昔ながらの看板建築商家が立ち並び、昭和中期の風情を色濃く残しています。「ALWAYS 三丁目の夕日’64」「とんび(NHK)」の撮影舞台にもなっており、素敵な景観を楽しめます。夏季の茶蔵さんは緑溢れる外観で、店頭には大きく実ったメロンの鉢植えがありました^^

DSCF0122

DSCF0124

DSCF0120

DSCF0171

DSCF0131

DSCF0132


店内も素敵ですね、エアコンではなく天井扇が勢い良く回っています。壁には古い看板が飾られ、映画・NHK出演者の方々と一緒に撮影した写真も掲示されています。(吉岡秀隆さん、堤真一さん、小泉今日子さん等々も写っていましたよ!)

DSCF0133

DSCF0134

DSCF0150


日替わり(1080円)を注文、品数の多い和食膳が登場です。メインはメンチカツ、カラッと揚がって定番の美味しさですね、蒸かし紫芋・サラダもたっぷりです。小鉢は、ひじき煮・きんぴらごぼう・切り干し大根・がんも?・にゅうめんのお汁・漬物・黒糖ゼリー...どれも手の込んだ調理で美味しかったです。特に切り干し大根はトマト風味の味付け、夏らしい味わいが素敵でした。

DSCF0140

DSCF0142

DSCF0148


その後、茶蔵さんの南側にある西大寺観音院に参拝、ここは日本三大奇祭のひとつ「会陽・裸祭り」が開催される場所でもあります。会陽は毎年2月第3土曜日に開催されます、本堂の御福窓から裸の男衆の頭上に1本2対の宝木が投下され、その宝木を勇猛果敢に奪い合う行事、私も若かりし頃2回出場しました!!

DSCF0165

DSCF0164

DSCF0157

DSCF0160


(お店の情報)
カフェギャラリー 茶蔵
岡山県岡山市東区西大寺中3-9-25
086-206-2283

旧2号線 庭瀬駅の西側にある「あなぶき家」さん、3年ほど前のオープン直後に伺いましたがあの辺りは異様に渋滞するので避けていました。穴吹エンタープライズさん傘下のようですね、外観はセルフうどんチェーン店らしく派手目になっています。

DSC_2749


内観もセルフ店の造り、入ってすぐにうどんの種類を伝え湯せんして貰います、うどんを受け取り天ぷらコーナーを通過し会計へ、その後汁を入れる段取りです。自分でテボを振れないが少し寂しいですね^^; 当店はカウンター席メインの構成になっています。

DSC_2755


かけうどん(並 280円)は他店の1.5倍程の麺量です、細身で少し撚れがありもっちり軟らか、コシは弱く頼りない印象です。出汁は鰹ベースですが灰色濁りがあります、あっさりで癖のない味わいですね。

DSC_2751


かき揚げは玉ねぎ・薩摩芋・南瓜、フワッ&カラッと上がっておりこれは出色の出来だと思います。昆布おにぎりも濃厚な味わいでうどんに合う仕様になっています。

DSC_2753


伝説の宇野~高松を結ぶ連絡船うどんを再現とありますが、あのユルユルうどんをお店で頂けるのは懐かしい反面、美味しく頂くにはもう少しコシが必要だと再認識した次第です!


(お店の情報)
あなぶき家 庭瀬店
岡山県岡山市北区庭瀬522-1
086-239-8883

同僚とランチにやって来たのは武蔵小金井駅から徒歩6~7分のプーさん、荻窪駅近くの有名カレー店さんが夏休み中とのことで、急遽こちちに変更です。小金井街道を南下し前原坂上交差点を過ぎた辺りですが、目立つ店名表示は一切なく店頭の小さいメニュー看板だけ、通りすぎてしまいました^^;

DSC_2731


店内も手狭な印象があります、入り口正面はコの字カウンター・右手側にテーブル席、厨房は奥側になります。同僚と2人四人掛けテーブルに着き、野菜カレー(レギュラーサイズ 1350円)を、食の細い同僚はビーフカレー(プチ 1350円)を注文です。

DSC_2735


待つこと7~8分で登場...レギュラーサイズでもかなり量が多いですね。また素揚げされたり焼かれたりの野菜がルーの上に沢山のっています!。一番辛い仕様でお願いしましたがスパイスがしっかり効いたルーはかなり好みの味わいです、インド風とメニューにありましたが粘度はしっかりあり和風オリジナルカレーの印象です。ライスは通常の水分を飛ばしたうるち米でしょうか、ご飯量に対してルーが多いので途中からはシチューを頂いている感覚になります。

DSC_2740

DSC_2741


具沢山な野菜カレー、何十種もの野菜を楽しみながらしっかりスパイスも摂ることの出来るプーさん、全てのメニューを制覇したく思います!!

(ビーフカレー プチサイズ)
DSC_2737


(お店の情報)
プーさん
東京都小金井市前原町3-40-27
042-384-7055

↑このページのトップヘ