@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

2015年04月

<2015年4月>
お昼時に何度かチャンレンジするも混み合っていて断念、今日は15時過ぎの入店でゆっくり頂くことが出来ました。深夜営業もされている当店、以前は〆ラーとして深夜に頂くこともありましたが、最近はもっぱら昼食として利用しています。
 
DSC_1423

入って左側が厨房、右手側にテーブル席とカウンター席がかたまってあります。手狭な店内ですので混み合ってくると相席が暗黙ルールになります。奥のテーブル席に着き、基本の中華そば(650円)を注文、待つこと5分少々で着丼です。
 
DSC_1418-b

スープは茶濁の豚骨醤油、典型的な岡山ラーメンスープですね。後味にくる甘さは控えめ、今日はシャープな醤油味が際立っていました!。麺は中細ストレート、デフォで硬めです。濃い味付けのチャーシュー3枚、特に端っこは煮汁で煮染めた味わいが強烈、かなり塩っぱいですが好みでもあります。他の具材はシナチクと青葱です。
 
DSC_1421

奉還町の老舗、豚骨醤油の浅月さんよりマイルドでバランスは極めて良いのですが、ガツンと来る豪快さはないように思いました!


(お店の情報)
中華そば山冨士 本町店
086-225-6147 
 

玉島旧市街の探索・所用を終え、帰路に付く前に立ち寄りました。通町商店街に入って暫く行った左手奥にあります、看板がないと見過ごす立地ですね。

DSC00800

内観は少し薄暗く落ち着いています。入ってすぐの位置にカウンター、奥には天井扇がゆったり回るテーブル席があります。テーブル席には読書用のスタンドが置かれていました。

CIMG1129


小腹が空いたので、私はナポリタン(650円)を、連れは時間に関係なく注文できるモーニングセット(500円)を注文。出前が立て込んでいたため、「暫く時間が掛かります」とのこと、当方ノープロブレム、待つこと15分少々でやって来ました。

DSC00803


半熟目玉焼きがのったナポリタン、かなり量があります。ケチャップ主体の甘く濃い味わい、懐かしい昭和のスパゲッティです。これはおかずに出来る味付けですね、お腹が空いていたらライスを追加していたかもです^^;

DSC00806


連れのモーニングセットもかなりのボリュームですね、厚切りトーストに目玉焼き(+さやいんげんとキノコ付き)・サラダ、小腹を満たすのではなく、お腹パンパンになってしまいました^^;

DSC00808

DSC00810


(お店の情報)
べびいどおる
岡山県倉敷市玉島2-1-13
086-522-6172

<2015年4月>
昨秋の玉島旧市街探索は銀座商店街と新町通りを完了、今日は通町商店街を探訪です。玉島商店街の中ではかなりアーケードが長く、ドラム缶橋や図書館を経由すればグルっと一周出来る散策コースになります。

DSC00852


商店街入り口の「パチンコ 思ひ出」の看板を眺めながら商店街を往復、昭和の風情を各所に色濃く残す素敵な通りです。入り口すぐの2階には地元の方々が持ち寄った昭和のおもちゃ・ポスター・アンティーク小物が展示されているおもちゃ館もあります。サンダ対ガイラのポスターには暫し魅入りましたよ^^

DSC00834

DSC00843

DSC00830

前置きが長くなりましたが、通町商店街の中程にある「おたやん食堂」さんで昼食を頂きました。創業されてから50年程経っているそうですが、中は綺麗にされておりそれほど古さを感じさせません。

DSC00783

DSC00787

CIMG1128

私は中華そば(500円)を、連れは焼飯(550円)を注文、待つこと6~7分で着丼です。スープは醤油ベースで鶏ガラはそれほど感じさせないあっさりタイプ、麺は中細で若干の縮れがあります、デフォでいい感じの硬さです。チャーシューはかなり大きく脂身の少ないものが2枚、締まった肉質で食べ応えありました。

DSC00790


連れの炒飯は、懐かしの細切れ蒲鉾入り、玉子コーティングされておりパラパラです。海老やグリーンピースも入っており具沢山、量が少ないのが玉に瑕ですが食堂炒飯としてはレベルが高いと思います!

DSC00791

自宅に帰ってから気が付いたのですが、通町商店街は映画「三丁目の夕日」の撮影でも使われていたのですね、ほとんどそのまま使える保存状態に感心しきりです!!

DSC00816

DSC00786

DSC00845


(お店の情報)
おたやん食堂
岡山県倉敷市玉島2-6-14
0865-25-4083

<2015年4月>
昼間のスケジュールが立て込んでいる火曜日、気忙しい時のランチは手早く済ませられるセルフうどんが有り難いですね。取引先さんにちかい「くうかい うどん」さんを選択、この辺りではかなり長く営業されている老舗セルフうどん店さんです。隣は人気の珈琲館さんになりますので、お昼時からは共同駐車場が混み合います。
 
DSC_1404

入り口すぐのカウンターでうどん種類を告げ、お膳に小皿を載せ天ぷら・おにぎりを取るようになります。レジ前でうどんを受け取り会計、その後天かすや葱を入れる段取りです。当店は自分でテボを振るシーンはありません。
 
DSC_1402

かけうどん(小 250円)の出汁は、カツオベースにいりこダシでしょうか、若干甘目で透き通った綺麗な出汁です。麺は細く喉越しのいいうどんです、コシはそれほど強くありません。
 
DSC_1399

かきあげ天(110円)は揚げてから少し時間が経過しているのか、全体的にしんなりで良くない食感です^^; サイズは普通、玉葱比率の高いかきあげです、パリっとした食感が欲しいですね。海苔玉おにぎり(90円)は懐かしい味わい、この海苔玉だけでご飯を頂いた幼少期が懐かしいです。

DSC_1401
 

(お店の情報)
くうかいうどん 今店
086-246-0606 
 

<2015年4月>
西大寺町の路地裏で深夜営業されていた「とき」さんが磨屋町にてお昼営業を開始されました。西大寺町のお店は土日のみオープンされ深夜営業を継続されるそうです。

DSC_1391

お昼にときさんの中華そばを頂ける、何だか嬉しくなりますね。13時前の訪問で先客3名、カウンターのみ6席なので4名以上だと少し窮屈な印象があります。

DSC_1392

左端の席を確保し、中華そばと小カツ丼セット(800円)を注文、待つこと6~7分で着丼です。そばのスープは鶏ガラ醤油+魚介、薄く色付いた綺麗な透明色ですが、あっさり味の中にしっかり魚介が効いた味わいです。麺は中サイズストレート、デフォで少し硬めです。チャーシューは半分脂身で小さいサイズが一枚、シナチク・もやし・蒲鉾・青葱、具材は岡山でよく見かける組み合わせです。

DSC_1393

カツ丼は、注文後揚げられますのでサクサク食感が嬉しいですね、しっかり揚げていますので中まで火が通っています。デミグラスソースは少し濃い目ですが癖のない味わい、生卵は無料で頂けますので、後半混ぜ込んで味の変化を楽しみました^^

DSC_1396

中華そば・カツ丼共にかなり好みの味わい、定期で通えるランチ場所が増えて嬉しいです^^;

(お店の情報)
とき 磨屋町店
090-3173-0161 

↑このページのトップヘ