取引先さんとの打ち合わせを終えて懇親にやって来たのは同じく員林市内の日本料理店 野村さん! 店頭の野村提灯が伝統ある日本料理店の風情を醸し出していますが...

DSC_3060
DSC_3114

入り口横の厨房では板前姿の精悍なお二人が忙しく調理されています。店内はテーブル席メイン、奥には10席の円形テーブル個室もあります。

DSC_3113
DSC_3088

台湾ビールで乾杯、しっかり冷えた台湾ビールは久しぶりかもです^^; 最初に刺し身が登場です、魚種は...よく分かりませんね^^; 烏賊と鰤系は判別付いたのですが他は南の海域に生息する魚のようです! わさびは全然辛くありません。

DSC_3063
DSC_3071

次の皿はサラダ仕様? 鮑の薄切りがメインですが、袋つきみかんとたんぽぽの花が印象的でした。3品目で早くもおにぎり登場、五目風で長い焼き海苔で巻いて頂きます! ご飯がぱらぱらなので巻いても食べてもバラけて大変なことになりました^^;

DSC_3073
DSC_3078

ビールから焼酎に変更しようと「湯割り」をお願いしましたが...出てきたのは日本酒の熱燗...どうやら焼酎は置いてないようです^^; 次に登場はアスパラガスと茹でナマコ、ナマコは酢漬けでプルプル食感、美味しかったです。

DSC_3084
DSC_3092

スープの登場ですね、鶏肉とごぼう具材、しっかり鶏出汁が出て美味しいのですが和食じゃないですね^^; 次はエンゼルフィッシュを大きくした魚の煮付け、南方系の魚種だと思いますが、意外に身が締まって濃い目の味付けが良かったです。

DSC_3094
DSC_3095

豚肉と野菜の唐揚げ、真ん中にはキャベツのみじん切り、ここにもたんぽぽ花があります。熱燗から台湾仕様白酒「高粱酒」に切り替えです。度数は58...小さい専用カップで頂きますが、この度数だと一気に酔えますね^^;

DSC_3099
DSC_3101
DSC_3106

次に登場は茶碗蒸し風の卵料理、出汁がスッキリで甘くない味付けでした。〆は白味噌仕立ての魚スープ、甘めの白味噌に魚介ダシが出て意外と美味しかったです。このあとデザートも出てきました。

DSC_3108
DSC_3110
DSC_3112

店名と厨房周りは本格的日本料理を連想させますが、台湾人料理人さん&スタッフさんによる日式飲食店ですね! 日本料理と捉えず現地和風料理を楽しむにはいいかと思います、当日も現地の方々で賑わっていました!

(お店の情報)
員林野村日式料理 (彰化県員林市)
(+886) 0935569686