宵呑みに訪れたのは柳町の「みや古」さん、魚正の先代大将に紹介いただき初訪問です。まだ岡山で営業されて日が浅い当店ですがその実力ですでに高級鮨店の一角を担われています。

PA280589

品のある暖簾を潜ると大将が最後の仕込みに頑張られておられます!。奥にテーブル席もありましたが、現在はカウンター8席だけで営業されています。

PA280531
PA280528

まずは今日のネタ説明を頂きます、地ものに拘らず全国から質の良いものを厳選されて仕入れられるとのこと、特に穴子は築地市場で全国の良ものを選別仕入れとのことです。

PA280540-b

先付け3品で開始、くみ上げ湯葉・鮪のしぐれ煮・たら白子の茶碗蒸し、特に白子が絶品ですね、ここで実力を思い知らされます。刺し身のアテものをお任せで...どの魚も絶品です、魚種別に寝かせる時間を調整し最高の美味さを引き出されています。

PA280536
PA280542
PA280547

鰆の炙り、塩加減が絶妙で佐藤黒がかなりの勢いで減っていきます。小鉢2品はいくらとネギの和物・うにと烏賊、繊細な味わいは良いアテになりますね。最後のアテは穴子炙り、此方も塩で穴子本来の旨味を最高に引き出しています。

PA280549
PA280551
PA280553
PA280562
PA280558

ここから握りをお願いします。

たちうお
ヒラスズキ
赤貝
ノドグロの昆布締め
キス
おおぞえび
穴子
煮はまぐり
中トロの漬け

PA280565
PA280567
PA280570
PA280571
PA280576
PA280578
PA280582
PA280583
PA280586

どのネタも下処理を念入りに施されており、ほとんど醤油を付けることはありませんでした。浅草の老舗鮨店で修行された大将の握りはどれも繊細で奥行きがあります。シャリ・ネタは小ぶりですが旨味が力強くどれも印象に残る逸品です。

大将の朗らかな性格と話題は初対面でもいかんなく発揮され、楽しい会話で盛り上がることが出来ます。老舗鮨店では肩肘張るシーンも多いですが、当店は大将の気質の良さで若い方も常連さんになられています...保守的な岡山で革新的な伝統江戸前を展開されるみや古さん、益々予約が取りづらくなることでしょう!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
みや古
086-222-0389