うどん好きの同僚と訪れたのは富田町に移転された「讃岐の男うどん」さん、今年の3月までは柳川交差点の南東側で営業されていました。外観はビルの一階ですが木目を活かした現代和風の造りです。
DSC_2505-b

内観は奥に長い構造、手前がカウンター席・奥がテーブル席になります。フローリングの床に落ち着いた雰囲気のテーブル&椅子、場所がら夜は居酒屋営業もされているようです。
DSC_2503-b
DSC_2504

注文はかきあげ天おろし(880円)、麺は普通・中・大盛りと追加料金なしで選択できます。混みあう時間帯でしたので10分弱で登場、平べったい丼で中盛のぶっかけそばが登場です。麺は表面軟く、中心部は硬質食感、讃岐うどんと名称がついていますが、”コシが強い”というタイプではありません。天種は野菜かき揚げと茄子、たっぷりの大根おろしと生姜、かつお節・刻み海苔・青葱・うずら卵になります。出汁は徳利提供となり、少し甘辛いタイプのカツオベースになります。
DSC_2500

大根おろしが甘かったのが少し残念ですが豪快さを前面に出した男うどん、癖がない味わいは万人に好まれると思います。

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
讃岐の男うどん
086-238-8895