<2014年7月>
岡山からバイパスを通って倉敷市内に抜ける羽島線でずーーーーっと気になっていた萬福食堂さんを遂に初訪問、Gacktさんが「ちょっと止めて!!」と叫んで立ち寄られたことでも有名な超レトロ外観のラーメン屋さんです。

DSC01027

見た目のレトロ度で言えば岡山県内でも相当点数高いと思います、昭和中期を知っている世代ですから外観内観共に懐かしい香りもかなり感じています^^

DSC01026
DSC01013

店内の雑誌記事に寄ると、2005年にGacktさんが移動中に萬福食堂さんを発見、その外観にショックを受け「このお店本当に営業してるの?」と疑問に思い立ち寄る...期待を裏切らない内観に更に感動...ラーメンの味は...」となっています。それから既に9年が経過し外観は更に風化...気になっている方は早めの訪問をお勧めします。

DSC01018
DSC01020

内観も確かに裏切りませんねー、ワンカップ容器の再利用は昭和世代の私には馴染み深いものがありますが、謎の細工を施した冷水機は感動モノですね...細工工程で果たして爪楊枝が必要だったか(画像で確認ください!)どうかの検証はさておき、そのままワンカップを押し付けていいものかどうか必ず迷うと思います...強く押し付けるのが正解です^^;

DSC01016

さて前置きが長くなりましたがデフォのラーメン(500円)の味はどうだったのか...普通に美味しいです。昭和伝統の鶏ガラ醤油スープに中細(若干太めかな)ストレート、若干醤油が強く出ていて麺も柔らかいですが、想像よりかなり良い感じであります。量は少なめですが濃い味付けのチャーシューに歯応えあるメンマ、もやしとネギがトッピングされていてバランス良いです。

DSC01023

店主さんはかなり高齢の方ですが元気に一人で切り盛りされています。日曜日の正午前で8割方席は埋まりました、かなり流行っているように思います。末永くこの昭和レトロな店舗と美味しい鶏ガラ醤油ラーメンを守り続けて欲しいと切に願いました!!


(お店の情報)
萬福食堂
086-425-4856