@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。                              Instagram @insta_susumu

<2014年6月5日訪問>
Computex Taipei 2014 を終日見学し、足が棒のようになったのでホテル近くの「鶏家荘」さんにやって来ました。昨晩訪れた京鼎楼さんに近い場所になります。こちらも人気のあるお店で観光客よりも地元の方が多いでしょうか、台北市内鶏料理では一番有名かもしれませんね。

DSC00823
DSC_0625

ホテルのバーで寝酒をやる予定なので鶏家荘さんでは軽く台湾ビール&アテを注文します。まずはこちらの名物三味鶏を味わいます、黒は背中部位、茶は腿、白っぽいのは胸肉らしいです。艶のある色合いは脂が回っている証拠、ソース二種で食べますがかなり濃厚な味わい、骨もしっかり付いているので相当な鶏好きじゃないと完食は難しいかも^^;

DSC_0626

ピーナッツの小魚炒めはビールのアテにいい感じです、ピーナッツ&小魚はカリッカリではなく少ししんなりした感触です。麻婆豆腐はそれほど辛くなく台湾的なぼんやり感のある味わい、以前現地の人と一緒に来た時は白ご飯の上にかけてサクサクかき込んでいました^^;
DSC_0627-a
DSC_0628-a

当店は日本語メニュー(写真付き)があり日本語がかなり通じます、メニューもかなり多くがっつり夕食もOKですし、今回のような居酒屋的な利用も出来ます。スタッフさんがビールをガンガン勧めてくるので適度に断りながらマイペースで飲食しましょう。値段は高めの設定(現地では)です、クレジットカード使えますのでご安心を!!

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
鶏家荘 長春路店
(+886) 0225815954 

<2014年6月5日訪問>
Computex Taipei 2014 (台北国際コンピュータ見本市/世界貿易センター)見学時の昼食ですぐ隣りの台北101 フードコートにやって来ました。

DSC00837
DSC00836

ここは各種料理が自由に選択できるフードコートになっています。マクドナルド等のファーストフード店もありますがメインはやはり台湾料理の数々になります。担仔麺やビーフン料理、炒青葉に牛肉麺、観光客向けと言うより近隣のビジネスマン向けの店構成と味付けになります。勿論日本語は通じませんので日頃鍛えた感(見た目)を頼りに身振り手振りで美味しそうなものを注文しました。

DSC00839

「北投鮮魚」さんで定番の魯肉飯のセット料理を見つけ他の皿を付加します、味噌汁代わりの雲呑麺に鶏肉料理2品(揚げ物・煮込み)を付けて日本円で900円程度です。これを安価な屋台で食べれば400円位でしょうからやはり場所代がかなり含まれているのでしょう。

DSC00840
DSC00841

魯肉飯は豚肉を柔らかく煮込んでタレを絡めて白飯に載せます、店に寄って味わいが違うのですが、こちらのはあっさり癖がない味付けでした。雲呑麺も薄味でスープ替わりに飲むには良いですがこれを単品で頼んで大量に食すと飽きるでしょうね。鶏2品は台湾的な味付けで特に鶏皮身付きは酸っぱくて日本にはない味わい...コリコリ感も強く、極少量を酒のアテにするには良いかもの味付けでした^^;

台北フードコートは他に新光三越台北駅前店にも行ったことがありますが、あちらは規模も小さく雑多な感じがありました。庶民的な味を求めるにはやはり夜市・朝市が手軽に楽しめますのでお薦めですね。

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
台北101 フードコート
(+886) 0281017777 

<2014年6月4日訪問>
以前は年に10回以上海外出張していました、特に台湾(台北・台南)は20回以上訪れていて第二の故郷になっています。今回アップする京鼎楼さんは長春路沿いの有名店、超有名店鼎泰豐さんで修行された方が店を興されたと聞いています。台北出張時はこの近隣にホテルを取ることが多く今までに5~6回は訪れているでしょうか。

DSC00822
DSC00821-b
DSC00819-b

台北のちょっと大きな飲食店は日本語メニューが置いてあり、スタッフも片言の日本を喋りますので、注文・支払いで苦労することは皆無です。勿論、京鼎楼さんも日本語OK、日本人比率が高く美味しい飲茶を安心して食べられます。

DSC00817
DSC_0607
DSC00818

京鼎楼さんイチオシは定番の小籠包、肉汁たっぷり熱々を専用タレ(酢醤油)と刻み生姜で頂きます。これはある程度フーフーして食べないと口内火傷するので要注意です。空芯菜炒めと炒飯も定番ですね、特にサクサク空芯菜の食感と薄味は日本人の味覚に合います!! シュウマイや湯麺も定番で間違いのない味ですので、安心して頼めます。軽い台湾ビールを呑みながら飲茶を頬張る...長旅の疲れが癒やされる瞬間ですね^^

ポチっとな!!
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村

(お店の情報)
京鼎楼
(+886) 0225236639 

↑このページのトップヘ