@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

雨の間隙をついて同僚とランチに訪れたのは下中野の「中華そば 伴」さん、前回訪問からは20年以上経ってますね^^; お昼時は駐車場が満車になる人気店です。

DSC_8564-b

店内は郊外ラーメン店の造り、テーブル席&カウンター席でかなりの人数を収容できます。12時頃の訪問で、8割程度席は埋まっています。

DSC_8542-b

注文は「ラーメン定食(680円)」、5~6分で着丼、醤油と豚骨が入り交ざって乳白色になっています。スープは適度な濃厚さ、岡山ラーメンの老舗に比べるとマイルドで甘みも強くありません。

DSC_8551

麺は中細ストレート、デフォで若干軟いです。歯応えあるチャーシューは2枚、脂身少なく硬派な味わい、他の具材はあっさりメンマに青ネギです。

(。-ω-)ノll
DSC_8557

おかずプレートにはおにぎり2個・イワシのはさみ揚げ・揚餃子・ひじき、ラーメンのお供には丁度いい内容ですね^^

DSC_8545


(お店の情報)
中華そば伴 下中野店
086-246-3339

<2016年6月 2回目>
今日は地元のグルメ情報番組「VOICE愛」さんの収録協力でお邪魔しました! 地元の食べ歩きブロガーイチオシのお店紹介という内容、事前に担当ディレクターさんと打ち合わせ、いいおっさんですので出演はありませんが、お店の特徴・セールスポイント等々を伝授させて頂きました!

DSC_3271

担当アナウンサーは宮武将吾アナ、食べ歩き取材は慣れておられますのでお手の物、声がよく通り明瞭解説、どの一品おかずも美味しく食べられます。また取材終了後は、収録に使ったおかず・ご飯・味噌汁は全て完食、とても礼儀正しい方でした。

DSC_3272-b

5分ほどの放映だと思いますが2時間以上かけて取材&収録、料理・小物・調理シーンも時間を掛けて撮影、その丁寧な仕事ぶりにはプロの意識の高さを感じました。現場立会させて頂き、色々勉強になりました^^

DSC_3275
DSC_3281
DSC_3279



<2016年6月 1回目>
近隣の打ち合わせでまたまた「まさや食堂」さんにやって来ました!。お昼少し前で一品おかずが出来る頃合い、このタイミングだと熱々の色んなおかずを選択できます^^

DSC_8510

朝とお昼時に集中しますので合間の時間と14時~はこの昭和の風情を独り占め出来ます。ビールもありますので一品おかずをアテの昼呑みもサイコーでしょう。

DSC_8520
DSC_8518
DSC_8515
DSC_8512

今日は天ぷら・茄子の煮浸しに白飯・味噌汁で合計650円、お母さんと色々話をしながらおふくろの味を堪能します。

DSC_8527

天ぷらは見事に家庭的な味わい、少ししんなりした衣に軽くソースを掛けて頂きます。茄子の煮浸しは少し甘い味付け、白飯がどんどん進みますね!! 極ありふれた構成ですが、食後感の良さはやはりこの手が一番です(*^^*)

DSC_8530
DSC_8533

1900年(明治33年)創業、現在の場所に移動されたのが1970年(昭和45年)、倉敷の街を見守り続けて117年...ご飯が頂ける文化遺産ですよ^^

(お店の情報)
まさや食堂
086-422-2798

浅月さんは奉還町 本店さんへ行く頻度多いですが、今回は約25年ぶりに泉田店さんに伺いました。外観は普通の民家のようですね、記憶にあるものと少々違っていました!!

DSC_8493-b

暖簾をくぐって吃驚、店内は綺麗に改装されていました。以前は小上がりとテーブル席が縦配置になっていたと思うですが、現在はテーブル席中心、席間は広く快適空間になっています。

DSC_8495-b

一番奥のテーブル席に着き、「玉子入りそば(730円)」を注文、待つこと5~6分で着丼です。幼い頃から食べ親しんだ豚骨醤油スープ、本店さんに比べて色味が薄く若干あっさりに思います。

DSC_8500

麺は中細ストレート、デフォでいい感じの硬さ、縮れ麺を頂くと違和感を感じるのは浅月さんの擦り込みがあるからでしょうね。チャーシューは醤油ベースで煮込んだ濃い味わいのものが4枚、歯応えの良さは当店の特徴です。他の具材は半熟ゆで卵・シナチク・青ネギになります。

(。-ω-)ノll
DSC_8503

幼少期から食べ慣れた味わいは”美味い不味い”を超越しています、濃いスープは白飯・おにぎりにも合いますね。また良い意味で胡椒が合うスープでもあります。

(お店の情報)
浅月 泉田店
086-243-1128

↑このページのトップヘ