@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

台風襲来のウィークデー、雨に濡れず入店できる「ばくだん屋」さんを訪れました。一番街地下駐車場に駐めれば徒歩1~2分でたどり着けます。広島市内のお店は何度か訪問していますが、一番街店は初訪問です。

DSC_0067

12時40分頃の訪問で満席、暫く待って大テーブルに案内されます。つけ麺で有名当店ですが、中華そばを食べられている方が大半です^^;

DSC_0083-b

注文は「広島つけ麺 大(957円)」、待つこと10分弱でやって来ました。辛さは10レベルなので胡麻が浮かんだつけ汁(唐辛子&ラー油ベース)は赤色に染まってます^^; 大サイズなので茹でキャベツ・青ネギ・きゅうりの量も多いですね。

DSC_0075

辛さ10は辛いものが得意な方には丁度いい塩梅でしょうか、麺・野菜の美味さを引き出しつつ辛味を楽しめます。麺はデフォで少し硬め、白ごまが絡んでツルツル喉を通ります。野菜もしっかり摂れるのが広島つけ麺の特徴ですね。チャーシューは薄い円形タイプが2枚、特徴のあるものではありません。

DSC_0077
(。-ω-)ノll
DSC_0082

一定の速度で完食、巷のつけ麺とは一線を画す広島つけ麺ですが定期的に食べたくなる味わいです^^

(お店の情報)
ばくだん屋 岡山一番街店
086-801-9222

暑い中を休日ランチに訪れたのは平井の「ポム・ド・テール」さん、オープン直後に姪っ子がアルバイトしていた時に訪問...かれこれ14~15年前ですね^^; 当時に比べて周りの緑が増えているように思います。

DSC_3615

店内はファミレスの作りですね、窓が大きく明るい店内、休日とあってお子さん連れの方がほとんどでした。

DSC_3617

注文は「カレーオムライス Sサイズ(1274円)」、待つこと10分少々でやって来ました。Sサイズで巷のオムライスの大きさ、この下にSSがあり上はMとLになります。ソースは選ぶことが出来、今回キーマカレーソースを選択です。

DSC_3619

夏野菜とひき肉がたっぷりのキーマカレーは適度にスパイス効いていますが辛くはありません! オムライスの中はサフランライス、適宜引っ張り出してキーマカレーと一緒に頂きます。

DSC_3622

夏らしい期間限定の創作オムライス、最後まで美味しく頂きました!

(お店の情報)
ポム・ド・テール 岡山平井店
086-200-1008

同僚と盛夏の宵呑みに訪れたのは蒲田のニイハオ本店さん、別館さんはランチで一度訪れていますが本店さんは初訪問、京急蒲田駅から徒歩3~4分です。

DSC_0002

店内は別館さんよりかなり狭いですね、入り口すぐのカウンター席に同僚と並びで座ります。横はお一人様でビール付きの夕食を摂られていました。

DSC_0031

生ビールで乾杯、まずはしっかり羽根の付いた餃子をアテにキンキンに冷えた生中を堪能です^^ 羽根はしっかりしており、何だかいったんもめんを連想させますね! これも定番の空芯菜炒め、本場台湾で頂くのとは若干違い、しんなりした食感です。

DSC_0007
DSC_0012
DSC_0015

酢豚は少し変わっています、甘酸っぱい餡は掛かっておらずスッキリした味付け、肉本来を味わう仕様でしょうか。この辺りで焼酎湯割りに切り替えて、酔う速度を高めます^^; 玉子とトマト炒め、トマトを生のまま炒める発想は日本人にないと思いますが、意外と玉子に合いますね、夏向きの味わいでした。

DSC_0019
DSC_0024
DSC_0028

レバーと野菜の炒め、味付けはオイスターソースでしょうか、濃いめの味わいは白ご飯に合いそうです。〆は同僚が選択した高菜ピリ辛チャーハン、適度に水分が飛んでパラパラ仕様、高菜の辛味は全体に行き渡っていました。

DSC_0039
DSC_0043

蒲田地区の中華料理店はかなり制覇しました、ニイハオ本店さんの羽付餃子は形・味ともに高レベル、お薦めですよ!!

(お店の情報)
ニイハオ 本店 (你好 悠好)
03-3735-6799

↑このページのトップヘ