@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

一年半ぶりの台湾出張、最近は2年に一度位に激減、食の美味しい台湾はプライベートでも頻繁に訪問したいですね。今回は付き合いのある代理店経由で段取り、HOTEL COZZI 台北民生館(和逸飯店)さんを予約してくださいました。行天宮近くのシティホテル、まだ新しいですね。
DSC00984
DSC00980

DSC_2966

初日はかなり遅い時間帯でチェックイン、免税店で購入したウィスキーを呑んでベッドに倒れ込みます。ホテルはビジネス利用のためかアップグレードしてくださいました。角部屋で広く、窓からの景色もまずまず、大きなバスタブもあります。

DSC00978
DSC00976
DSC00974

翌日は通常通り起床(一時間の時差あり)、朝食を頂きに二階ラウンジに降ります。開始時間で訪れたのでガラガラですね、気兼ねなく写真を撮れます^^; サラダコーナーとメインビュッフェコーナーに分かれています。品数はそれほど多くなく、洗練されたメニューではありませんが必要にして十分でしょう。大皿に各種、混ざらないように盛り付けます!

DSC_2976
DSC_2973
DSC_2985
DSC_2972
DSC_2971
DSC_2984

二日目までは一人行動なので4人掛けテーブルにゆったり座って頂きましょう。アジア系ホテルでよく見かけるメニューばかりになってしまいますたが、台湾ホテルの味付けは全般違和感なく頂けますね。これが中国本土になると香草風味が強くなったり、地域特有の味付けだったります。

DSC_2980

食後はブレンドコーヒーを頂きながら暫しまったり、12月初旬で台北の気温は20℃前後、薄着で過ごせるのが良いですね^^

(ホテルの情報)
HOTEL COZZI 台北民生館 (ホテル コッツィ/和逸飯店)
(+886) 277063399

気温下がってくるとお好み焼きは毎日でも食べられますね^^; 今日は福田のお好み焼き「サルビヤ」さんまでやって来ました。福田種鶏場がある旧道沿い、昔ながらの飲食店が多い通りでもあります。

DSC_2953

店内はカウンター席のみ8席、鉄板は大中サイズが2枚あり、何処に座っても鉄板上で熱々を頂くことが出来ます。

DSC_2956

注文はそばモダン(600円)、ベテランのお母さんが丁寧に焼いてくださいます。メリケン輪っかは小さめ、そばは別焼きしソースを掛けてからお好み焼きと合体です!

DSC_2959
DSC_2955

10分弱で完成、上には青のりと紅しょうががのっています。中のキャベツは蒸されて甘く変化、豚肉は香ばしい焼け具合、そばは中細、ソースはブレンドでしょうか、甘辛くベストな味わいでした。

DSC_2964

食後にはお母さんと時事話題で盛り上がります、創業42年の老舗お好み焼きサルビヤさん、末永い営業を祈念しながらお店を後にしました!

(お店の情報)
サルビヤ
086-264-4631

暖かい師走の休日、少し足を伸ばして移転された「ボーノ・ウーノ」さんまでやって来ました。かなり狭い道を通って丘の上を目指します、途中かわせない細い道が続きます^^; お洒落な外観ですね、右隣には雑貨屋さんがありました。

PC030621

店内はテーブルがゆったり配置されています、窓際にはカウンター席もあります。当日予約で一番乗り、奥のテーブル席に着きます。

PC030626

注文はパスタプランゾランチ(1890円)、好きなパスタを選べ前菜が付くようです。暫くして前菜・スープ・サラダ・パンの登場、小洒落たアミューズですね、どれも繊細な味わいでお酒が無性に欲しくなります^^; 

PC030629
PC030632

パスタはエビクリームを選択、しっかり小エビが入っています。適度に濃厚ですがしつこさはなく、海老の旨味がしっかりクリームに溶け出しています、これはかなり上質な味わいでした!!

PC030635
PC030637

ヨーグルトとエスプレッソを頂きながら暫しまったり...窓からの紅葉を眺めながらのんびり過ごします!

PC030640


(お店の情報)
ボーノ・ウーノ
086-472-8039

↑このページのトップヘ