@すすむの食べ歩き備忘録

岡山県内及び出張先の食べ歩き備忘録(岡山グルメブログ/ランチブログ/ラーメンブログ)です。 ランチ中心のB級グルメです!! 高級なお店は少なく、昭和食堂・大衆食堂がかなり多いです^^;

打ち合わせが長引き、遅いランチに訪れたのは谷万成の「すわき後楽中華そば 一宮店」さん。此方のお店は初訪問、すわきさんの中ではかなり新しい外観ですね。

DSC_9809

店内はカウンターとテーブル席、それほど席数は多くありません。13時30分頃の訪問でしたが、来店は途切れず続いていました。

DSC_9792-b

注文は「醤油ラーメン+セット餃子(1030円)」、単品の組み合わせとそれほど価格差ありません。待つこと6~7分で配膳、ラーメン定食の基本構成ですね^^;

DSC_9798

スープは醤油とんこつで癖のない味わい、ガツンとくる味ではありませんが岡山県人だと一番馴染んだスープでしょう。麺は中細ストレート、デフォで極わずかに軟らか目、チャーシューは脂身の少ない仕様が2枚、他の具材はシナチク・青ネギです。

(。-ω-)ノll
DSC_9804

餃子は皮が薄く全体的に軟らか食感、サイズも西日本でよく見かける一口サイズ、具材もそれほど多くありません。関東のムッチリでパンっと張った餃子が個人的には好みであります。

DSC_9801

今流行の洗練された中華そばではありませんが、幼い頃から食べ慣れた味は安定感あります^^

(お店の情報)
すわき後楽中華そば 一宮店
086-238-0141

今日の最高気温は35℃超の予報、せめてランチは涼しい場所で頂こうとやって来たのは「美津葉 酒蔵店」さん、JR金川駅から北500m近辺に位置します。外観は純和風の作り、見た目比較的新しく古い酒蔵のイメージはありません。

DSC_9788
DSC_9789

店内は若干薄暗く梁の張り出し等、酒蔵の雰囲気を醸し出しています。13時前でしたが店内は8割ほど埋まっており地元の方々で賑わっていました。

DSC_9783-b

注文は「寿司と天ぷら定食(1080円)」、待つこと10分弱で配膳、メイン2種の他にすまし汁と小鉢(ちくわ煮)が付いています。

DSC_9764

握り鮨は6貫、ネタは大きめでシャリは普通量でしょうか、この中では鰆とマグロが好みの味わい、サビはもう少し効いた方が良いですね。

DSC_9777

天ぷらは海老・レンコン・ししとう・椎茸・南京の5種、カラッと揚がっておりサクサク食感が美味さを倍加させます。量は少なめですが握り鮨の補完と考えれば適量になるのでしょう!!

DSC_9782

和食メニューが豊富に揃っている当店、次回は宵呑みで訪れたいです^^

(お店の情報)
美津葉 酒蔵店
0867-24-3280

休日ランチに訪れたのは中区銀山町の「柳橋 こだに」さん、銀山町電停から至近ですが広島駅からも歩ける距離です。開店時間に合わせて訪れましたが長蛇の列...土用丑の日ではありませんがやはり盛夏の鰻屋さんは活況を呈しておられます。

DSC_9495-b
DSC_9466

少し待って二階の大テーブルに案内されます、鰻屋さんにしては提供時間は早めで回転はそれほど悪くありません。お昼専用メニューもありましたが、今回は「うな重(上)」と「瓶ビール」をお願いします。

DSC_9489-b

冷やされたグラスで呑むビール...至福の瞬間ですね、この一杯の為に働いているのかもしれません^^; 皆さんの豪快な食べっぷりを横目で眺めながらうなぎを待ちます。

DSC_9470

15分弱でお待ちかねのうな重登場、適度に切られた鰻身が綺麗に並べられています。蒸し工程の入っていない焼き仕上げですが十分軟らかく外かわの香ばしさを相まって箸がどんどん進みます。焼き具合も絶妙ですね、どの箇所も均一に火が入っています!

DSC_9479

タレは甘くなくスッキリした味わい、掛かっている量は若干少なめですがテーブルに常備タレ瓶がありますのでいつでも追加可能です。肝吸いもあっさり仕上げのすまし汁、三つ葉も入って口内をすっきりしてくれます。

DSC_9484

昭和22年創業の老舗うなぎ屋さん、上品なうな重を堪能いたしました^^

(お店の情報)
柳橋 こだに
082-246-7201

↑このページのトップヘ